●葛の花プレミアム青汁とは

スギ薬局オリジナルの葛の花プレミアム青汁は、健康的にお腹の脂肪を減らせて、野菜不足も解消できるダイエットにおすすめの青汁です。葛の花由来のイソフラボン配合で、お腹の脂肪を減らすことができる青汁なんです。葛の花由来のイソフラボンには、脂肪の合成を抑制する働きがあり、お腹に脂肪が付きにくくなります。更に、脂肪の分解、燃焼を促進する働きもあるため、頑固なお腹の脂肪を減らすことができるんです。

●葛は捨てるところがありません

葛と聞くと、葛切りや葛根湯のイメージがあります。葛粉には、エストロゲンと似た働きをするイソフラボンが豊富に含まれているため、ホルモンバランスを整える効果が期待できます。反面、100gで347㎉もあるので、ダイエット中の人には向いていません。しかし、葛の花であれば、カロリーを気にする必要がないんです。葛は、根だけでなく葉、茎、花、ツルなど捨てるところがないくらい体に良い植物です。日本では、昔から薬や食用として使われてきた植物なので安心して服用することができます。

●機能性表示食品です

葛の花プレミアム青汁は、機能性表示食品です。でも、機能性表示食品とトクホってどう違うのか気になりませんか。トクホも機能性表示食品も健康の維持・増進に役立つ機能があることを表示することができます。トクホは、事業者が消費者庁に申請し、国が審査を行って食品ごとに消費者庁長官が許可しています。一方、機能性表示食品は、販売する前に消費者庁に届け出を行い、事業者が責任を持って機能性を表示しています。トクホは最終製品による人での試験が必要ですが、機能性表示食品は効果を示す研究論文や文献調査のみでも届け出ができます。そう聞くと、トクホのように人で、実際に効果があるのか確かめていないのって不安に感じますよね。でも、葛の花プレミアム青汁のサイトを見ると、97人のBMIが25から30のモニターに、12週間葛の花を摂取させた臨床試験も行い、研究結果と実験結果がリンクしていることを証明しています。なんと、葛の花プレミアム青汁を飲んだら、3か月でお腹の脂肪の断面積が20㎠も減少と報告されています。他にも、体重が減った、ウエスト周囲が減少したという効果も確認されています。年を重ねると内臓脂肪は、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病になりすが、葛の花プレミアム青汁飲むことで健康体型を維持することもできるんです。

●葛の花以外にもダイエットに有効な成分が

葛の花プレミアム青汁には、国産の大麦若葉が使用しされています。大麦若葉は、色々な栄養がバランスよく含まれていて脂肪を燃焼するダイエット効果もあります。大麦若葉には、ビタミンやミネラルも含まれているので、美肌効果も期待することができます。更に、厳選された野菜や果物を発酵させたエキス、難消化性デキストリン、還元麦芽糖も配合されています。加齢と共に体内酵素が減少してくると、食べる量は変わっていないのに、急に太りやすくなります。葛の花だけでなく、酵素も入っているとより痩せやすくなることが期待できますね。それに、水溶性食物繊維である難消化性デキストリンが配合されているので、便秘がちな人にとっては、便秘解消にもなり、腸内環境を整えることもできるんです。また、砂糖の半分のカロリーしかない還元麦芽糖で甘味をほんのり甘味を付けているので、飲みやすくなっているのも嬉しいですね。還元麦芽糖は、血糖値の上昇を緩やかにしたり、満腹感を得られやすいといった効果もあるのでダイエットにピッタリなんです。それに、ドロドロした感じではなくて、サラッとしているので飲みやすいんですよ。

●1日1包飲むだけ

葛の花プレミアム青汁は、1日1包飲むだけです。食生活が偏っていても体に必要な栄養素をたっぷり摂取できるので健康的にダイエットすることができます。但し、イソフラボンを過剰摂取すると、ホルモンバランスが乱れてしまうので、必ず1日1包を守りましょう。飲むタイミングは、酵素の働きを効果的にするため、食前に飲むのが適しています。即効性よりも長期的に飲んで、体質を変えていく方が、リバウンドなくダイエットすることができます。

●食生活と運動

ダイエット効果を高めたい場合は、晩ご飯を葛の花プレミアム青汁に置き換えるファスティングがおすすめです。豆乳や飲むヨーグルトに混ぜて飲むと、腹持ちが良くなって満足感を得られますよ。普段の食事は、炭水化物と糖質の量を減らして、たんぱく質と食物繊維、発酵食品を多く食べるように心掛けてみて下さい。基礎代謝をアップさせるためには、適度な運動も必要ですが、葛の花プレミアム青汁は、物凄く運動を頑張らなくても脂肪燃焼しやすい体質に改善されていきます。仕事が忙しくて運動する暇がない人でも気軽にダイエットすることができるんです。1箱30包入りで2、480円と手頃な価格なので続けやすいのも嬉しいですね。