〇すぐに葛の花が入手できる貴女はラッキ-

葛は別名「裏見草(うらみぐさ)」とも呼ばれていて、日本では大昔から知られている植物です。今も葛湯、葛餅ということで食材として使われています。生命力の非常に強い植物で、一年を通して言うと、8月15日~9月末頃に開花し、秋の七草の1つでもあり、すぐに10mほど生長し、まわりの木々をつるでおおってしまうほどであります。食用として重宝されていて、特に根の部分が重宝されてきた歴史があります。葛は、多量のでんぷんが含まれる根の部分を主に使用することが多いです。それを使った食料としては、葛きり、葛餅(くずもち)、葛粉(くずこ)、葛根湯(かっこんとう)などがあげられます。これらは大体、根のところが使われることが多いです。家の近くを通ると、秋のかかりの9月に入るとどこからともなく葛の花のよい香りがしてきます。独特の 甘酸っぱいような独特の香りです。それが葛です。よく見ると、濃く繁った葛の葉っぱのあいまにちょこんと紫色の花が伸びているのに気が付くと思います。

〇葛の花

古来から、葛の根は非常に、多岐にわたって使われて、重宝されてきた歴史があります。そして、最近は、地上に現れている葛の「花の部分」に驚くべき力が明らかになってきたのです。ずばり、葛の花がもたらす効果・効能とは、脂肪の吸収を抑制したり、脂肪が蓄積するのを減らしたり、脂肪燃焼を促進する働きが強いということなのです。これらの効果は、菜の花に含まれる、イソフラボンとケルセラチンというファイトケミカルによるものです。イソフラボンは良く知られているように、代謝をどんどん促進させるので、余分な脂肪をエネルギーに変えてくれて、ズバリ、ダイエット効果が期待できるのです。だから、葛の花ダイエットは特に苦手な運動をしなくても、あるいはジム通いをしなくても自然に脂肪が燃焼するのです。そして、そのイソフラボンを後押しするように

ファイトケミカルは健康にいい効果を持つということです。特に、葛の花に含まれるファイトケミカルが持つ効果は強力な抗酸化作用です。人体の中で、種々の悪さをする悪玉菌と言われている活性酸素を抑える働きをしてくれるのです。色々な疲労を発生させたり、老化現象を引き起こす主たる原因になっている活性酸素の発生を抑制する働きをします。これらの抗酸化作用があり、アンチエイジングや生活習慣病予防には欠かせないのです。

〇葛のジュ-ス

私の家の近くにも野生の葛が生えているところがあります。甘いにおいがするのですぐわかるところです。道から少し離れたところに咲いていて、誰も取ったりしないので時々最終に出かけていって沢山入手するようにしています。 綺麗な花ではありますが、人間が集まるように虫たちも集まっていることが多いです。そして、咲きすぎたものでも、つぼみでもなく今がちょうど花盛りというところの物を選んで集めてきます。慣れるまでは、 葛は下から順番に咲いて行くのでちょうどよいところは案外少なく、集めるのは、コツがいるものです。採集後は花をひとつひとつ摘みとり、洗って瓶に入れます。ここまでは、かなりの手間ですが、色も香りも何とも言えないよいものです。

それからになりますが、砂糖と水を入れ自然に発酵するのを待ちます。発酵が進みにくい時は、パンのイーストを少しだけ加えたりもします。数日すると、弱い発酵が続き、腐敗もしなかったようなので花を濾して瓶詰めをしました。赤と紫の混ざった美しい色の液体が出来上がりました。中身は発酵が弱いので、自然とアルコール分はほとんどなく、酵素ジュースが出来上がります。味の方は少し、甘酸っぱくてとてもおいしいです。同じようにして、ジュ-スではなくてお酒を造ることも可能です。あまりお金はかかりませんし、このジュ-スを毎日摂取することでぽっちゃり体型がノ-マル体型になるならば、こんな素晴らしい話はないといえるでしょう。

〇葛の花の良く知られている効果

葛の花に含まれるイソフラボンの効果については、昔から知られているところが沢山ありました。古来中国では葛の花は頭痛と偏頭痛、目の痛みと疲れ、めまい、耳鳴り、そして肩こりを和らげる薬として使用されていました。ある程度、科学的な根拠も整備されてきており、現在でも葛の花はまた風邪やインフルエンザ、鼻腔炎、糖尿病の治療薬としても使用されています。

〇葛の花とダイエット

ポッチャリ体型からの変身、つまりダイエットするためには、いかに無駄な炭水化物、脂肪をとりいれないかということと、体内で脂肪を燃焼させるかということがポイントになってきます。このダイエットの2つの課題に対して、葛の花、そして菜の花ジュ-スはそれなりの答えを出すので、ダイエットの手法として、多くの人たちに支持されるようになってきています。一般的には、ダイエットの指標としてBMIが利用されていますが、[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]であり、BMIが25以上の場合は、ポッチャリ体型であることになります。ダイエットの場合、内臓脂肪と皮下脂肪の両方を減らすことが大切ですが、多くの女性の場合、太るとき、内臓脂肪より皮下脂肪が先につくようになっています。一般的に歯、ダイエットで食事療法とか運動療法とかで最初に落ちるのは、内臓脂肪から減っていきます。そうなってくると、両方の脂肪を落とすのにも効果がある葛の花は貴重なのです。だから、葛のジュ-スをきちんきちんと飲みましょう。

葛の花の効果やオススメ商品についてはコチラから!