葛の花は、ジャスミンのような香りや、甘い香りなどと一般的には言われています。

開花期は八月から九月でありますが、葉をうっそうと茂らせているために花は葉っぱほどに存在を主張しない姿で咲いています。

マメ科のつる植物で、蔓、葉ともに、柔らかい毛でおおわれており、野山や、フェンスなど至る所に繁殖します。その繁殖力はものすごい勢いであり、空き地を覆い尽くし、木々の姿を隠してしまうほどに絡みついて茂り続けます。

葛は、たくさんの虫がつく植物です。

葛の歯を裏返してみますと、カメムシなどが多数ついています。

花の香り、よりも、カメムシの香りの方が印象的な植物ですが、近年、カメムシの香りはパクチーの香りに似ている、という見解もありますので、悪い印象とは限らないようです。

葛は、根で繁殖を続けますので、蔓や葉を取り除いても、除去することはむずかしい植物です。

除草剤を根の分部に散布して除去するのが最も効果的な除去方法です。

冬季には葉をからし、葛の根を掘り出して、根を精製した物がくず粉として、重宝されています。

クズ餅や、葛きりや、葛湯のになるくず粉は、昔から、吉野の里で造られた物が有名で和菓子などにも使われています。

葛は、くず粉、葛根湯、と言った物が有名ですが、古くは、飼料として使われていた時代もあり、葛の蔓や葉は天麩羅として食べる事も出来ます。

古来から、農作業の資材として、使われたこともある葛ですが、現在では雑草として扱われているのが現状です。くずを使った布も造られた時代があり、蔓は、カゴなどの材料に使われていました。

小生は、葛根湯、くずきり、夏の葛を使った冷たい和菓子など、葛の美味しい部分は大好きです。

吉野葛は、特に有名で高価な物だという認識がありますが、野山や空き地を覆うクズとの関連性に長らく気づきませんでした。

それまでは、除去しても除去しても生えてくる、道を覆い、カメムシをはびこらせる、うっとうしい雑草、という認識でしかなかったのです。

しかし、昔から重宝されていた食材であり、栄養も豊富な植物だ、と知りました現在では、夏場に広がる葛の茂みを見る思いも一変しました。

あの茂みがクズ餅の原材料だと思いますと、気持ちも和みます。

葛は吉野葛が有名ですが、日本の何処へ行きましても、夏場は葛の蔓がいっぱい生えているのですから、葛餅の原料が日本中に豊富にあると思いますと、雑草を迷惑に思っていた時と比べて、優しい視線で茂みを見れるようになりました。

葛の花でハーブティーを入れる、という方法もあるほどに、花も重宝されている存在です。

甘い香りと、フジの花に似た、紫の花も、見つけますと、昔のように、雑草の花だ、という苦手な認識から、貴重な花だ、という認識に変わりました。

そして、古くから、漢方薬として、根だけでなく、葛の花を乾燥して保存して使われた例もあるのです。

クズの花には、イソフラボンが豊富に含まれている事に近年は注目されてれいます。

イソフラボン、と言いまたら、女性にありがたい栄養素です。

クズからイソフラボンの成分を摂取することの最大の魅力は、材料が安価である、と言う事です。

日本中にある、花も、葉も、茎も、根も、食用に出来てしまうというありがたい葛ですが、これを飼料に

再び使いましたらたら、畜産も良いパターンになっていくと思われます。

しかし、田舎ではどこにでもあります葛を、適当に採って食べてみる、と言うのは、リスクがあります。

除草剤が散布されている可能性があるのです。

ご自身の土地ならば、問題はありません。

田舎では、土筆なども、食べる事ができるのですが、土筆を採る前に、必ず、採っても良いか、土地の持ち主に聞きに行くのです。意外と、昨日除草剤をまいたから、駄目だよ、という答えが返って来ることも良くあります。

見ただけでは、除草剤がかかっているのかどうかは分かりません。

土筆なども、除草剤をまかれた次の日でも、枯れずにそのままの姿で生えていますから、きちんと土地の持ち主、管理者に確認してから採取するようにしましょう。

道ばたの植物には、犬などのおしっこがかかっていることもあります。衛生的に摂取しようと思われた場合には、良く知った土地で採取する必要があります。

どこにでも生えている葛ですが、安全に、体に良い葛を探すには、やはり、販売されている物が最適です。

イソフラボンを求めて、葛の花を原料にしました、青汁や、サプリメントが今、注目を集めています。

花の時期は、夏場ですが、製品でありましたら、一年を通して販売されていますし、手軽にイソフラボンを摂取することができるのです。

イソフラボンは、葛の花からつくられた青汁やサプリメントで手軽に摂取ながら、吉野の里へリフレッシュに出かけてみませんか?野山を歩けばダイエット効果も高まります。

また、葛の蔓で、カゴ細工などができる工房がつくられましたら素敵な休日が過ごせるでしょう。

葛の花の効果やオススメ商品についてはコチラから!