葛の花というのを知っていますか?稲のように並んだ可憐な花が特徴の花です。とてもキレイで紫の色が美しく野原に咲いていて思わず見とれてしまうようなかわいらしさを持つ花です。時期は夏から秋にかけて咲く花で中には白いものや淡いピンクをしているときもあります。では、葛の花の花言葉やどんなときに使ったら良いのかなど詳しく紹介したいと思います。

まず、花言葉としては「芯の強さ」や「努力」など力強さを表す言葉があげられます。芯が強く次々と繁殖して一面に咲き誇るため、花言葉のイメージにピッタリの特色を持っています。ほかにも「治癒」や「活力」という薬としての葛のイメージさせる言葉もあります。実際に葛の花は人々を治療するために根からとった澱粉を飲ませると活力が生まれるという効果があります。そのため、風邪や病で寝込んでいる人に渡してあげると良いと思います。きっと葛の花の花言葉と同じように活力が沸いてくることでしょう。

花言葉はまだたくさんあり、ロマンチックなものでいえば「恋のため息」という花言葉もあります。葛の花は互い違いにつるから生えています。その葉の生え方が恋人のすれ違いのように見えることから付けられたのでしょう。力強さをあらわす花言葉から、人を癒す花言葉、ロマンチックな花言葉など様々な意味を持つ葛の花ですが、様々な使い方があります。

まずは、日本では古くから食料や漢方薬として使われてきました。大きく肥大した根に含まれる澱粉から葛粉が作られ、和菓子や料理のとろみ付けに利用されます。そして、根を乾燥させたものには葛根(かっこん)という薬用になります。薬局に行くと「葛根湯」という言葉を見たことがあるのではないでしょうか。昔は今のように薬はなかったのでこのような花を利用して漢方として利用していました。効果は発汗、鎮痛、解熱作用が期待出来るので薬局にも売られています。また、「葛の花は酒を消す」と伝えられているので二日酔いの予防にも利用されてきたそうです。日本でも元禄時代に水戸光圀が効果を知って使っていたという伝承があります。江戸時代から漢方として使われるくらい古い歴史を持つ葛の花を今でも薬として使われているのでどれくらい長い歴史があるか分かるのではないでしょうか。そして、葛のつるは長いことから切り取った後、乾燥して固くなる前に編んで籠が作られたそうで平安時代から利用され衣類や壁紙など様々なものに使われてきました。そして、秋の七草の一つとしても有名で唯一食用に使われるので秋の七草で葛の花を知っている人もいると思います。このように古くから利用されてきた花なのでこれからも人々のために役立つ事でしょう。

葛の花はマメ科の植物で根茎で増えるため、葉を刈り取ってもすぐに元に戻ります。生命力が強いのでやえた土地でも育ち成長も早いのが特徴でこのことか花言葉を付けられたのでしょう。放っておくとすぐに繁殖してしまいかなり広がってしまうので、雑草のような力強さがあります。芯の強さや努力という花言葉があるので誕生日の花としてプレゼントすると喜ばれると思います。

そして、最近最も注目されているのが葛の花由来のイソフラボンの内臓脂肪を減らす効果です。葛の花由来のイソフラボンにはダイエット効果があると分かってきたのでサプリメントなどで利用されています。効果は内臓脂肪や皮下脂肪を減らす効果があると言われています。そして、コレステロールを下げる効果もあるといわれているので健康に良いといわれて利用されています。もし、身体に優しいダイエット食品が欲しい人は葛の花由来のイソフラボンで出来ているサプリメントを利用してみる事をおすすめします。ネットなど様々な種類が売っているので調べてみると良いです。

このように葛の花の花言葉から使われていること、今注目されれている事など様々な事を紹介しました。読んだ人は幅広い効果があることに驚いたのではないでしょうか。花としても素晴らしい花言葉もありますし、健康にも、ダイエットにも良いのでこれからもたくさん使われていくことでしょう。漢方薬としては葛根湯や桂枝加葛根湯など葛を使ったものがたくさん売られているので見たことがある人もいると思います。有効成分をバランスよく含まれているため、漢方薬としても活躍しています。現代人は何からと不規則な生活やバランスが悪い食事などで疲れや老廃物が溜まっています。体内をデトックスして浄化するのにも葛の花の栄養素がおすすめです。ダイエットやアンチエイジング、コレステロールの抑制など美容面や健康面のサポートもしてくれるので今後もますます注目されている花になるでしょう。誕生日の花としてプレゼントしても良いですし、食べる事も可能なので興味がある人は葛の花についてもっと詳しく調べてみる事をおすすめします。そして、健康に自信がない人は葛の花を利用して健康になってくださいね。

葛の花の効果やオススメ商品についてはコチラから!